宮崎うまいもの通信 > だれやめ日記 > 黒か白か宮崎限定か。宮崎県民の悩みは尽きない。

だれやめ日記

黒か白か宮崎限定か。宮崎県民の悩みは尽きない。

2019年12月18日

霧島酒造のお膝元。宮崎県都城市のお酒の流儀

私たちの住む宮崎県都城市は、黒霧島で有名な霧島焼酎のお膝元で、お肉とお酒(焼酎)の町です。

都城の飲み屋では「焼酎」と注文すると「黒?白?」と聞かれます。これは霧島酒造の黒霧島なのか、白霧島なのかという意味で、例えば最近人気の「木挽ブルー」などをお望みの場合は、この時点で木挽ブルーを注文する必要があります。

その次に「飲み方は?」と聞かれます。

これは焼酎の飲み方を聞いています。水割りなのか、お湯割りなのか、ロックなのか、生(き、ストレート)なのかということですね。

ですので、はじめから銘柄や飲み方が決まっている場合には「白、お湯」「黒、ロック」などの注文が可能です。

某ラーメン店では「にんにく、あぶら、カラメ、ヤサイ」のような呪文を唱えるのと同様に、この一連の流れが都城でのお酒の飲み方の流儀です。

アテ(おつまみ)で焼酎を選ぶか、焼酎からアテを選ぶか

都城での飲み方の流儀をご理解いただけたと思います。お酒の次はアテ(おつまみ)ですね。

例えば都城で有名な地元の食べ物に「おでん」があります。

一般的なおでんとは異なり、豆もやしやキャベツなどが具として登場し、都城オリジナルのアレンジがされています。

都城おでんは冬場には欠かせない食べ物で、あの有名誌「dancyu」も取り上げるほどの魅力があります。ぜひ一度ご堪能ください。

さてこのおでんのような温かい料理にどの焼酎をマリアージュさせるか。どの具材をおつまみとし、どのお酒を選ぶか。意見が分かれるところです。

焼酎とおつまみの新しい組み合わせは、学会で発表すべき

もちろんおでんと言えば寒い時期ですので、白か限定(霧島、宮崎県限定商品)のお湯割りのチョイスは欠かせません。牛スジや卵、昆布、大根などをおつまみとして合わせると、どっちが先に無くなるのか分からないくらいお酒もお箸もすすみます。

では厚揚げやがんもはどうでしょうか。アツアツの出汁をたっぷり含んだ厚揚げに、さらに熱い焼酎の組み合わせは果たして正解なのでしょうか。

もちろん正解です。しかも及第点を軽く超えてくることは間違いないのですが、ここでは白の水割りや黒のロックという選択肢があることを是非思い出していただきたい。

口いっぱいに広がる出汁の味わいや香りを、冷たい焼酎で一気にクールダウンしてくれ、さらに箸をすすめてくれる。なんとわんぱくな行為でしょうか。

また、都城市は全国を代表する畜産の町です。ふるさと納税でもこれら肉や加工品は大人気商品になっているようです。

手元に白霧島の水割りがある時に、焼き鳥が食べたくなった。さあこの時、私はどの焼き鳥を注文すると優勝できるでしょうか。皮の塩だと油っ気が少し残る気もしますし、レバーのタレにはお湯割りが正しいのかもしれない、いやまて、ささみはどうだ?と。少し物足りない場合はモモのタレでも頼んでみるか。などと思いを馳せることもお酒の楽しみではないでしょうか。

そもそも焼酎ではない場合もあります。1杯目はビールというしきたりを大事にされている方もいらっしゃいますし、日本酒愛好家の方や、初手からウィスキーやブランデーを頼む西部劇的な楽しみ方をされる方も、もちろん皆さんが正解です。

昨夜はこれで優勝した!おすすめのおつまみ

さて、どうでもいい前置きが長くなりましたが、昨夜は友達が命よりも大事な地鶏の炭火焼を手土産として持ってきてくれました。

晩御飯後に残っていた仕事を片付け、風呂に入りようやくゆっくりできたのが23時頃。できるなら25時か26時には寝たい。寝る前に食べるのは控えたいが、目の前にあるのは地鶏の炭火焼である。これを頂かないのは紳士協定に反することは明らか。

皆さんならここでどのお酒をチョイスするであろうか。

私が選んだのはタイトルを裏切る赤霧島。まだ温かさの残った炭火焼を口に含み、ほどよい歯ごたえと墨の香りがまとった地鶏子の美味しさを存分に味わった後に赤霧島のお湯割りを流し込む。数度咀嚼を行い鼻に抜ける地鶏と焼酎の香りに満たされ昨夜も優勝しました。

地元宮崎の炭火焼の味わいを、どうぞご家庭でも!

かねまる農場 みやざき地頭鶏 炭火焼き 真空パック

かねまる農場のみやざき地頭鶏モモ・ムネ肉を高温の炭で焼き、真空パックに詰めました。お湯で温めるか、袋から取り出し電子レンジで加熱するだけで召し上がれます。

宮崎宝島本舗で商品を見る